SaturdayMorning

NO IMAGE


タイフェスからもう1週間経ってしまったー。早いなぁ。楽しかったなー。
MAROON5のSundayMorning(最近、宮沢りえ出演のヴィッツのCMソングになってる)ならぬ、SaturdayMorning。

今日は久しぶりに遅くまで寝てた。朝遅い、っていうよりはお昼過ぎ(汗)。先週は土日とも外に出てたから朝からノンビリするのは2週間ぶり。最近は益々(?)怠け者になってきているようで、布団の中でグダーっとしながら王様のブランチとかを見て、のっそり起きて「今日はなにしよーかなー」っていう日が週に1回以上ないとリズムが狂うみたい。

タイフェスでTeleFanClubのゆっきぃさんと一緒に撮った写真をJOEさんに送ってみた。「数年前によくHRCへ行ってたらしいんだけど、JOEさん知ってる?」って聞いたら直ぐにお返事が来て「知ってるよー。最近はめっきり来ないけど・・・」って。おおお~~~、なんか感動★凄いね、TELEFON BANDを介して人の輪が広がった!!
仕事とタイ語の勉強で忙しいのよ~って書いたら「あんまり頑張りすぎないでよ!体壊しちゃうよ。まず第一に自分の体を大事にしてね。」ってJOEさんが。うううう、嬉しい・・・ありがとう(涙)。JOEさんって、タイ人らしからぬ機敏な対応なんだよね、いつも。

ゆったりした暖かい休日、いつもの様に窓際でポカポカしながら音楽を聞いて。日本のこんな狭い部屋だけど、ほぼリアルタイムにタイと繋がっていられる。意識をちょっと切り替えるだけでバンコクにいる皆と一緒にいるような、そんな世界観になる。パラレルワールドの薄い壁をヒョイっとまたぐ感じ!?

誰かに心配されてるとか必要とされているとか感じる事って、凄く大切だと思う。自分の生きてる意味(大げさか)って、そういう所からも感じられるし、取り巻く環境の全てに感謝をしたい気持ちになる。懐かしいあの人に会いに行こうかな、とか思ったり。
最近の物騒な事件で目に付くのは”無職の若い”犯人。こういう人って、社会との繋がりが薄くて、自分の居場所というか、自分が必要とされてるって感じる事がないんだろうな。なんだが切ないね。

タイ・バンコクのバンドカテゴリの最新記事