スクートで子連れバンコク1日目 Somerset Lake Point

NO IMAGE

出発の朝。色々あったスクートは無事に私たちを乗せてくれるのか若干の不安もありつつ朝5時30分に起床。
子供と2人で早朝の駅に向かい、成田空港へ。
本当は今朝からラジオ体操だったのだけれど、帰国後の参加ができればいいなーと思っているところ。

空港到着後は空港宅配にお願いしていたスーツケースを受取り、荷物整理場所なるところで少し荷物を入れ替えて重さを測ってみた。
17キロ!だったのでスクートの重さ制限内でホッとしたー。お隣でお荷物を入れ替えていたおじさまが娘をみて「あなた何キロ?25キロくらいあるの?」と笑顔で話しかけてくれて場が和んだね。

早めにチェックインも済ませ、機内で娘が食べる用のおにぎりを購入し、ラウンジで一息つく。
第2ターミナルの出国審査後に使えるラウンジがなくなってしまってプライオリティパスの旨みがほとんどなくなった。通常のカードラウンジのショボさに切なくなったけど、とにかく一息つけてから出国審査へむかう。
ラウンジで朝食摂ろうと思ってたのになー。

チェックインの時に言われた通り、搭乗ゲートは非常に遠く、早めに移動しておいて良かった。
搭乗時刻は少し遅れたけれど、ほぼ予定通りにスクートは私たちを乗せてバンコクへと飛び立った。
よかったわ、席があって。

機内で娘は持参した宿題をやったり、iPadに入れた動画を見みたりして問題なく過ごしていた。
予約していたスクートの食事は予想通りのクオリティで、娘は出されたサンドイッチをたべられず
こっそり買った例のおにぎりで済ませた。
周りを見てもお水やちょっとした食べものを持ち込んでいる人も多く、厳密に持ち込み禁止!!という雰囲気ではなかったかな。もちろんルールだけど。
そうそう、ランチセットの飲み物はコーラか甘いジャスミンティーという事を知らなくて、娘が飲めないからとお願いしたらお水に変えてもらえた。

無事に懐かしいバンコクドンムアン空港に到着。

SIMを買おうと出口脇の賑わっているお店行ったらアクティベートできず、死ぬかと思った!!(精神的に)
周りにはここでSIMカード入れ替えの時にSIMを無くされたという人も来てごった返していて、私も不安になって中身を見せてもらった。

夫に連絡してSIMロック解除の確認をもう一度して、とりあえず向かい側にある別のキャリアのお店でおじさんにお願いしてみたら、なんとか開通!!本当に本当に良かったー。

「夫が日本でSIMロック解除たから、私が思うに多分フリーになってるからできると思うんだけど、あっちでダメだったの。」
というと、おじさんが「うちのお店もDtacとTRUE扱ってて、やっぱりTRUEの方がいいみたいだよ。」と言っていた。タイ語で話していたら「タイ語上手だねー」ってお店の人に褒めてもらえてほっこりしたよー。

無事に携帯電話が開通したので、おじさんにお礼を言って(リムジンタクシーは乗らない?って誘われたけど、乗らないですーって、断っても笑って送り出してくれた)次の関門、タクシー乗り場へ向かう。

カウンターのおばさまに行き先を言って紙をもらうんだけど、運転手さんがすぐ後ろで列をなして待っていて、すぐに荷物も持ってもらえて乗車できた。運転手さんは私と同世代くらいのシュッっとした人で、「タイ語喋れるの?英語は?」って確認され、お、これは期待できそうと思ったね。
車も綺麗で中もハイテク、新しい時代を感じたよ(笑)。

少し迷ったけれど無事に予約してあったホテルCitadines Sukhumvit 16に到着してチェックイン。
何か雲行きが怪しい雰囲気。
どうもホテル予約サイトから手続きした予約変更が通っておらず、私の名前で2件の予約が入っていたらしく、その上、今このホテルはリノベーション中でお部屋数が少なくて宿泊できないという!!!
おい!!!
けど終始対応は丁寧で私のいう事を最優先してくれて、最終的に系列ホテルに場所を変えることになった。
無料のトゥクトゥクで送ってくれて、何の問題もなくその系列ホテルにチェックインできた。

空港到着からトラブル続きで精神的にゲンナリしたけど、今回は娘が小学生でちゃんと待っていられたし、割と普通レベルの会話ができる事で私も孤独を感じずに落ち着いていられたのが発見だった!この成長感すごいな!
結局、空港到着後はからお部屋に入るまで4時間くらい時間がかかったけど、この系列ホテル(サービスアパート)が当初のホテルよりちょっとグレードアップでなんやかんや、結果オーライ。

夕食は娘のリクエストで大戸屋。
今日は落ち着くためにも日本食を食べようと思っていたので、ターミナル21のレストランフロアへ。
ホテルの無料のトゥクトゥクがアソークまで送ってくれるのでExchangeタワーを抜けて歩けばかなり快適に到着。
大戸屋も混んでいて待たされたから入店、注文しても出てくるの遅い、会計も遅い。。。でかなり時間的に遅くなってしまった。


眠い娘を連れて微妙な距離をどうしよう…とソイの入り口のセブンイレブン前を歩いていたら、ホテルの無料トゥクトゥクの運転手さんが見つけてくれてホテルまで連れ帰ってくれた。
今の所、タイ人運には恵まれていて本当に感謝。

寝る前に日本の夫とFaceTimeしてから就寝。
随分遅くなってしまったー。

バンコク子連れ旅行記カテゴリの最新記事