三枚肉そば~森カフェ~首里城~国際通

NO IMAGE


最終日13日。
朝から沖縄そばの名店(?)へ。ホテルからもそれ程遠くなかったので、チェックアウトして遅めの朝食という感じだった。が。
量が多い・・・肉が盛りだくさん・・・。
でも開店時間11時には長蛇の列が出来ており、並んで食べた甲斐があった味だった。

お腹は一杯なんだけど、どうしても森カフェ(森の中に佇む沖縄っぽいカフェ)に行きたかったので、「やちむん喫茶シーサー園」へ。
山深い道をどんどん奥へ進み、虫や鳥の声しか聞こえないような場所に古民家を利用したカフェがある。ちょうどチェンマイやチェンライの静かな森の中のような雰囲気。
2階のベランダ?軒先?の席に座り、いくらでもボーーーーーーっと出来そうだった(笑)。

けど時間の制約があるので、黒糖ぜんざいを食べたりジュースなどを飲んでしばらくしたら首里城へ向かう。
首里城の駐車場にもスムーズに入れられ、一通り首里城を見学。私は以前一回来ているので2回目の観光。
とにかく日差しが強くてチリチリ肌が焦げるようだった。

で、首里城から少し歩いた所に有名な石畳の歩道があるのでそこへブラブラとお散歩がてら行ってみた。が、激暑。
地元老人会の方が立ててくださっている「大赤木はこちら」という看板を頼りに寄り道などして、ちゅらさんのドラマに出てきた民家も見て、暑くて暑くて息も絶え絶えに・・・・。
見晴らしの良いカフェでまた一休み。

その後は那覇の中心街、国際通へ向けて出発。
市営地下駐車場に車を止めてプ~ラプラお散歩とお土産のお買い物。市場やお店の雰囲気は完全に「東南アジア」だね。公設市場の2階にある食堂で遅い昼食?プチ夕食?を食べたんだけど、あの活気や低価格で美味しい&ボリューム満点という所がまた、アジア~って感じでよかった。

お土産も買い込んで少し早めにレンタカー返却&空港へ。
飛行機で寝ている間に羽田に到着、懸念していた高速バスの時刻にも間に合い、ルンルンで快適な旅行だった~。

この日は朝から晩まで眠気に襲われ、前日に飲んだフェリー対策の酔い止め薬がまだ効いているんじゃないかと思うくらいだった。

でも楽しかったなぁ~、沖縄。
連れもすっかりアジアな雰囲気に馴染んでしまったようで、早くタイに連れて行かねば!!と思った。

タイ・アジア・旅行・旅行記カテゴリの最新記事