バンサワイ★タイ・東南アジア諸国の旅行情報サイト。特に女の子の一人旅を応援します★予算・持ち物・宿・交通・屋台料理・バンド・注意事項など、参考に。

ご利用について | お問い合わせ | 管理人 | BBS | Blog

バンサワイ★タイ・東南アジア諸国の旅行情報サイト。特に女の子の一人旅を応援します★予算・持ち物・宿・交通・屋台料理・バンド・注意事項など、参考に。
HOME | タイ旅行情報 | 旅のプラン | 旅日記 | タイイベント | タイレストラン | クッキング | バンコクのバンド | 就職活動@タイ | LINK

奨学金支援(学資里親制度)

タイへ旅行に行く度に、タイ人の笑顔に沢山の元気をもらい、癒されて帰ってくる人も多いのではないでしょうか。その恩返しが少しでもできたら・・・と思う方、是非、奨学金制度などにも目を向けてみてはいかがでしょうか。

日本民際交流センター(ダルニー奨学金)

日本民際交流センターはタイ・ラオス・カンボジアの子どもの就学の夢を叶えるダルニー奨学金を運営している、国際協力NGOです。 皆さんの年1万円で1人の子どもの人生を変えることができます。
⇒詳細・お申し込みは >日本民際交流センターホームページ< をご覧下さい。

●バンサワイ管理人も一人のタイ人中学生を支援しています。

旅仲間を通じて以前から奨学金の存在は知っていたけど、なんとなく先送りにしていた。
お金はちゃんとその子の為に使われているの?という疑念はつきものだけど、その子の通学している様子が報告され、1年間1万円という金額も妥当だと思ったので、やってみようと思った。

かの有名な永山死刑囚が「無知だったから犯罪を犯した」などというような内容のことを言っているのだけど、だからといって犯罪はいけないけれど、確かに基礎教育がきちんと受けられたか否かはその人の人生の大きな部分を左右すると思う。

どんなに優秀な素材でも、芽を出せるだけの素地を整えてあげなければ芽を出すことさえできない。特にアジアの貧しい地域の子は、人身売買・麻薬・売春・暴力・死、そういったものがすぐ目の前にある。
教育を受けられるか受けられないかでどれだけその子の未来が大きく変わるか、というのは想像に難くない。周りの物事を関連付けて考えたり、広い世界を視野に入れて行動したりできるか否かの重要なポイントだろうと思う。

優秀な子だったら、中学業後さらに高校で奨学金をもらい、さらにその後に海外留学を経て、母国の為に役に立つお仕事に就くことだってある。そんな偉人にならずとも、地域全体のボトムアップに繋がるのではないか。
日本は教育が当たり前になっているからそのありがたみが薄れてきているけど、学校に行きたいのに行けない子がタイやアジアには沢山いる。

流行の服を買ったり、世間に煽られて無駄遣いすることを考えると、ちょっと我慢すれば我慢できる物を積み重ねて一人の人の役に立てる方が、お金も喜ぶんじゃないかと思う。それによって生み出されるだろう効果を想像するだけで十分納得できる。

「偽善」とか「自己満足」とか「いい人に見られたいという自分の欲求を満たすだけなのでは?」と、何と言われても、実際にそう思っていても、どんな動機であっても、結果として実際に少しでも役に立てるのであれば、なんだかんだ言い逃れしてやらないよりはやった方がいいんじゃないかと思う。

と、私は思い至って続けています。

>日本民際交流センターホームページ<

●個人的に奨学金支援をされている方の翻訳お手伝いの経験を通じ、個人で支援することの大変さが良く分かりました。信用できる組織を通じて支援する事が、日本にいる私たちにできる支援の最も良い方法の一つだと思います。

個人で支援する際に感じる障壁は主に下記の通りです。

Ads
タイ語学習・通訳・翻訳のご相談もお問い合わせください。