タイ旅行中のお洗濯はどうする?

タイ旅行中のお洗濯はどうする?

タイ旅行に持っていった服のお洗濯。一人分ならまだなんとかなりそうですが、家族旅行ともなると1日に何枚もの洗濯物が溜まっていきます。
洗濯方法について、何パターンかの方法をご紹介したいと思います。

自分で洗濯をする

手洗い

ホテルやゲストハウスに備え付けられている石鹸で手洗いをするのが一番手軽です。洗面台やバスタブにお水を貯めてゴシゴシ。
私は適当なタイプなので石鹸以外にもシャンプーも使ったりします。リンスが柔軟剤代わりになるという噂も。

脱水は、手で絞ってからバスタオルの上に広げてクルクルとタオルの端から巻き込み、体重をかけて押せばかなり水気が抜けます。私は巻いたタオルに乗って足で踏み踏みします。

洗剤は?

洗剤を使いたい場合はコンビニやスーパーで旅行者用に小さいサイズの使い切りタイプが売っていますので、ブランドなどこだわりが無いのであれば持参しなくても大丈夫だと思います。洗剤は日本でもお馴染みのブランドが置いてありますが、私はあえて現地メーカーなどの商品を使ってみるのが好きです。

手洗いの注意

手が荒れるので、ゴム手袋を持参するのがおススメ。タイのスーパーなどでも売っているとは思いますが、価格が高いかもしれません。

洗濯物を干すのは、備え付けのハンガーを使うことになりますが数が足らないことも多いです。荷造り紐を長めに切って持っていき、お部屋やベランダに結んで衣類をかければ沢山干せます。

サービスアパートやホテルの洗濯機で洗う

宿泊施設によっては、お部屋の中に洗濯・乾燥機が設置されていたり、洗濯機と乾燥機が何台も置いてあるランドリーフロアがあります。

お部屋の洗濯乾燥機で洗う

洗剤と柔軟剤がお部屋に備え付けられている事が多いです。ない場合はフロントで有料で用意されていることも。

ランドリーフロアの洗濯機で洗う

通常、ランドリーフロアの洗濯機を使うには専用のコインが必要です。コインはフロントで販売されていて、100~200バーツ程度で購入でき、洗剤(と柔軟剤)も付けてくれることが多いです。
洗濯機に1コイン、乾燥機に1コイン、と別々に必要な場合もあります。

街中のコインランドリーで洗う

日本のようなコインランドリーを探せば、洗濯、乾燥ができます。
私はタイでは使用したことがないのですが、その理由はコインランドリーで自分で洗濯するよりは下記にご紹介するランドリーショップにまとめて出す方が時間を含め、コスパが良いと思うからです。

ランドリーショップにまとめて出す

ホテルが多い街中を歩いている時に、道沿いのお店の看板をよく見てみてください。美容院の扉などに「 Laundry Service」と書いていないでしょうか?
もしくはゲストハウスなどの安宿の1階や、現地発着ツアーを案内している旅行代理店の軒先なども見てみてください。

近くに見つからない場合は、グーグルマップで「laundry service」と検索してみると見つけ易いです。

そこは1キロ当たり◯◯バーツでお洗濯してくれるお洗濯屋さんです。ほとんどの所で、出した翌日には綺麗に畳まれた状態で出来上がります。アイロン料金もありますが、経験上、通常の仕上げで十分綺麗に仕上がっています。
また、特急仕上げのエクスプレス料金もありますので帰国日などお急ぎの場合は役に立ちそうです。

価格の相場ですが、ゲストハウスが立ち並ぶカオサンのような場所で1キロ100バーツ以下、スクンビットやサトーン辺りだと1キロ200バーツ程度でしょうか。

言葉は簡単な英単語が喋れれば問題ありません。

ランドリーショップに出すには

大きめの袋にバッサバッサと衣類を入れてお店に持ち込むだけです。お店でその袋を見せれば計りに乗せて料金を教えてくれます。ホテル名と部屋番号を聞かれることが多いですが、お部屋に届けてくれるのではなく単に名前の代わりに使われるだけなので、適当な名前などでも大丈夫です。(もしかしたら何かの時にホテルに連絡してくれるのかも???)

控えの紙を渡してくれるので引き取りの日時を確認して保管し、指定の日時以降に引き取りに行けばOKです。

重さで料金が決まるので、濡れた服や重さのある袋は避けましょう

ランドリーショップに出す時の注意

お店では沢山の洗濯物を扱っているので、たまに紛失される事もあります。また、高級な衣料品は街中のランドリーショップに出さずにホテルなどのランドリーサービスに出すことをお勧めします(1着数百バーツすることも)。
あと、個人的には下着を出すのを躊躇うのでそれだけは手洗いしたりします。

ホテルやサービスアパートのランドリーサービスに出す

宿泊施設のランドリーサービスに出すのが手間いらずで安心ですが、何せ高いです。
Tシャツでも1枚100バーツ前後するので、ちょっと現実的ではないかなぁと思います。

常夏のタイなので、滞在期間が3-5日なら日数分衣類を持参(又は現地購入)して洗濯せずに過ごすことも可能かと思います。荷物の量や重さなどとの兼ね合いもありますので、上手にお洗濯ができたらいいですね。

帰国日の前に洗濯ができると、帰国後の疲労感が全然違います!!!

洗濯カテゴリの最新記事