スクートで子連れバンコク11日目 DusitThaniBangkok

NO IMAGE

泣いても笑っても本日がタイ最終日。
お天気はいい感じの晴れ。

今日はお二方とお約束があるので、まずはランチのお約束しているKさんと待ち合わせしているパラゴンのハロッズ前へ。サイアムパラゴンも広いから待ち合わせするにも大変よねー。

2年ぶり?にお会いするKさんは相変わらずお美しい♡私と同い年なの♡こうして毎度お時間作ってもらえて本当に嬉しい!!

明日には日本に到着しているというものの、娘のリクエストで日本食。Kさんもお腹の調子がよろしくないとのことで、満場一致?でうどん!!
久々の硬めのコシのあるおうどんが美味しい。

席のやりくりをしてくれる厚化粧のおばちゃんが、バイトリーダーというかパートリーダーというか、周りからメーと呼ばれている主的な人っぽくて、忙しなく動いていてほっこりしたよ(笑)。いるいる、日本人の働き者のお母ちゃん!!という感じ。

軽くおうどん食べてからお茶しようと、素敵なケーキ屋さんに移動。パラゴンは日本的なケーキ屋さんがめちゃくちゃ増えて、日本語が溢れているのもそうだけど、美味しくてお洒落でお高いお店がいっぱい。
青色の噴水が上から落ちて来るのを眺めながらしばしティータイム。

Kさんはタイで色々とお仕事を展開されていて、特にハンドメイド系の事を手がけているお話を聞くのがとても楽しい。今回はタイミング合わなかったけれど、次回は是非、中華街へ仕入れの旅へ連れて行って欲しいです☆
サンペンレーンからのパフラット辺りなのかな、良いパーツ屋さんがあるとのことなので、もう15年ぶり?位にその辺りへ足を踏み入れてみたいわ!!

次のお約束が元々パラゴンでお茶の予定だったからKさんがパラゴンでランチしてくれたのだけれど、次のお約束のDさんから連絡が来ない。まあ、タイ人的なお約束だからそんなもんかなーと思いながら来たから良いのだけれど。Kさんにも申し訳ないし、お時間も随分と頂いたので頃合いを見てお別れ。
次はいつ会えるかなー。早く会いたいなー。よろしくお願いします、Kさん♡

やっと来たDさんからの連絡、少し時間がかかるとのことで私と娘はパラゴンをふらふら。というのも、今日はタイの母の日(女王様のお誕生日)で、Dさんもお母さんとお食事していたらしい。

娘が先々週滞在していたサイアムケンピンスキーにまた行ってみたいというので、パラゴンから連絡通路を通ってケンピンスキーのロビーへ。
すでになんだか懐かしい。

もうこのプールには入れないよ・・・。

ロビーのお花も母の日仕様で青色に変わっていたよ。

本日はSPを連れたVIPが誰か来ているのか、警備の方がウロウロしていた。

で。
ロビーで時間つぶしつつ、素敵なお手洗いとかによりつつ、まだ時間があるのでパラゴンに戻ってASIA BOOKSで時間つぶし。結局、娘がSNOW MANの英語の絵本?を欲しいと言い出して買わされたよ・・・。

で。
Dさん遂に登場!!!
娘、Dさんのテンションにドン引き(笑)。

オネエじゃないのよ、オネエじゃないのよ、お育ちが良すぎるだけ!!!


もうすぐ45歳にしてこの笑顔。可愛すぎるやろー。

世界中でただ1人、私が挨拶がわりにハグしちゃう男!!
それを見てまた娘ドン引き!!!(笑)。

募る話を素敵なティールームでして、相変わらずのD節を聞いて楽しいひと時。
彼もお仕事が忙しいし私たちもこれから空港へ向かうので小一時間ほどでお別れ。
名残惜しいー!!!!

というか、タイの全てが名残惜しいー!!!!

BTSでホテルに戻って預けたスーツケースを受け取り、メータータクシーを手配してもらって空港へ。
ベルのお兄さんにドンムアン空港へというと、エアラインは?と聞かれて、スクート、とこたえると????は反応。
スクート、ドンムアンの国際線、と言っても???らしく、逆にARE YOU SURE?って言われて若干むかっとしたけども。
デュシタニバンコクはその一点以外は悪くなかったわね。

メータータクシーは年配のオジサマで、料金所を通る度に高速代金を知らせてくれてる。
タイ語で高いなーって言ったら、下道だと40分くらいの所を高速で10分くらいで行けるんだからねー、って笑っていたが。
そして毎度のごとくターミナル確認。乗り込む時に一応ホテルのベルさんが伝えてくれてはいるものの最終的に運転手さんにタイ語で念押ししないと向こうもやや不安らしい。

ドンムアン空港までメーターで209バーツ、高速が120バーツ。チップ数十バーツとしても、前にケンピンスキーから高速込み400バーツで配車されたのはまぁそんなもんだったね。

早めに到着してからVAT手続きやら着替えを・・・と思っていたものの、めちゃ早く到着してしまい非常に暇。。。

VATのカウンターに行って手続きしようとパスポートを出すと、そっぽを向いたまま受け取らない。
はい??
って思っていると、パスポートを開いて出し直せ、とぶっきらぼうに言う(女性の係官)。

久々に遭遇したね、こう言う感じ。最近のタイはどこへ行っても洗練されて来て快適だな〜〜と思っていた最終日にこれが来たね(笑)。

手続きに購入品の確認があるかもというので、わざわざ手荷物として出して(大半のかさばる物は夫に持ち帰ってもらっているが)持って来たけれど全くみるそぶりもなくて。
パスポートにあっさり押印して終了。

飛行機で寝る為の着替えも済ませてかなり待って、やっとチェックイン。
待望のコーラルラウンジへ直行だ!!

夕食はここで済ませて一安心。

今回はドンムアン空港のラウンジに助けられてるな。ホント。


このコーラルラウンジはバリスタがいるっていうのがウリらしい。素敵なカクテルも都度作ってくれるらしいけど、そんなテンションじゃなかったので今回は遠慮してみた。
というか、前評判ではイケメンのバリスタって聞いてたのに・・・それほどでも←おい

このコーラルラウンジはいずれシャワーも使えるようになるとかならないとか。

帰国便のスクートは定刻に搭乗開始。
真夜中なので娘もすぐに寝入って問題なく成田空港へ到着。

長旅お疲れ様でしたー。

バンコク子連れ旅行記カテゴリの最新記事