サンフランシスコ子連れ旅行5日目

NO IMAGE

今日がホテル滞在最後の日。夕方からはバークレー在住の友人宅へ移動する予定~。
朝は簡単に部屋で食べてから荷物をまとめてチェックアウトし、スーツケースはホテルに預けてファーマーズマーケットへ向かう!!!のだけど、昨日まで使いまくっていた3Dayパスの期限が切れてしまったので路面バスに乗るにも現金を支払わなければいけない。そうなると家族三人だとウーバーでタクシー呼んで移動するのとそんなに変わらなくなるので微妙な気持ちだ。
・・・まぁそんなこんな言うけど、やっぱりサンフランシスコは交通機関が充実していて便利&乗物がいちいち可愛くて絵になるね。


色合いも形もキュート!車体の外観は様々で眺めているのも楽しい。

海沿いを走って10分ほどでフェリービルディングに到着。この時計塔が目印。

バスを降りて周りを見ると、フェリービルディングの前の広場にも民芸品や絵などを売る露天が沢山出ているし大道芸人的な人たちもいて非常に賑わっている。ファーマーズマーケットの中心であるフェリービルディングの方へ歩いていくと、もの凄い人人人。

建物の周囲を取り囲むように食べ物や野菜が売られている。ジャムとかディップソースとか、そんなのも沢山売っていて試食し放題~。
景色もいいしおしゃれな音楽奏でている人もいて、もうこれでもか!と素敵。洗練されてるね。

我が家といえば、偏食児を連れているので買い食いはあまりできず、暑さを避けてビルの中に入りウロウロ。事前に調べていたSanFranciscoFishCompanyを探して進むと・・・あったあった!
なぜここを探していたかと言うと、生牡蠣が1個2ドルで食べられるのだ!!!さっき見かけた外の牡蠣屋さんは1個3ドルだったぜ。。。

うひゃーーーー!!!

目の前に並べられた牡蠣を選んで、好きなディップソースをかけて頂く。

このソースがサルサソース的な味で・・・・日本人的には切ない。美味しいのよ、おいしいのだけど、日本人的にはあっさりほんのりのソースが欲しくなった。

牡蠣を食べ終えたらフェリービルディング前を少し進んだところにある駅からまた路面バスに乗り、再びマーケットストリートまで行く。なぜまたお買い物天国へ向かったかって?
それはね、昨日YouTube見てたら動画が始まる前の広告で「Macy’sは母の日セールで全品25%オフ!」と言っていたから!!!(笑)。ネットで表示される広告は現地のものになるのね、改めて広告を見直してしまった。

で、ちょっとお疲れの娘を連れてなんとかMacy’sまで辿り着き地下のフードフロアでアイスを買い与えて、小一時間ほど父子と私は別行動することにした。ここはお隣の建物がメンズ館になっているのでそちらを回っていただいている間に私のフリーダム満喫ということで。
別行動開始して1階に上がった瞬間、お買い物テンション上がりっぱなし(笑)。だって、いきなりバッグのフロアでいきなりFossilが25%オフって・・・逆に若干ショックだったけど。その他、ずっと探していたLesPortsac、買おうか悩んでいたマイケルコースやマークジェイコブス、ケイトスペード、その他ブランドバッグが一斉に揃った上でセール価格からも更に25%オフって言う、血迷ってしまいそうな素敵なお値段。
汗かくわー!

まずはレスポのショルダーバッグをゲットして、その後は一番買い逃したくない子供服の階に向かう。ありましたありました、ラルフローレン!!
しかも目玉飛び出る激安!!!
もうどれも買いたくなって困りに困って、とにかく欲しかったカーディガンとシャツワンピースをゲット。売り場をぐるぐる物色していたらあっという間に1時間経過してしまい、父子が合流。。。およよ。

ここで買い逃してなるものかとなんとか婦人服のフロアに戻り、父子を待たせてお買い物。
このフロアもまた、激安。ラルフの婦人服も安かったけどデザインがイマイチだったのでTOMMY HILFIGERを覗いてみたらまぁ安いこと。白シャツとストライプシャツとシャツワンピースをゲット。
レジのお姉さんにカード決済時にパスポート提示を求められて「日本から来たのね、日本人って華奢よねー。私もそんな風になりたいけど自分をコントロールできなくて(笑)。」と話しかけられた。いつもジュニアサイズばっかり買っててねぇ(苦笑)と拙い英語で応えると、トミーのジュニアはそんなに大きいサイズまでは無いし、いいお買い物ね!と楽しい会話になったりして、やっぱりサンフランシスコって人あたり優しいと思った。(ロサンゼルスでは考えられない)

一通り欲しかった物は悔いなく買ったのでお昼ご飯を食べようと最上階のチーズケーキファクトリーへ行ったところ、超人気で大行列~。どこかで見かけた他の店舗も賑わっていたの覚えていたのでその繁盛ぶりに驚いたわ。やむなく地階へ戻って玄関を出て、すぐ目の前に出ていたフードトラックでホッとドックを買ってユニオンスクエアで食べた。

綺麗な公園。お掃除のスタッフがいてゴミを拾ってくれている。お天気も良いしたまにはこういうのもいいよねー。


目の前のMacy’s。最初にお買い物に来ればよかったわ、まじで。

こちらに来てからほとんどカード決済で済ませていたので現金はあまり減っていなかったけど、流石に手持ちが少なくなってきたので街中の両替所で両替してみたところ、手数料激高(もしくはレート激悪)で驚愕した。今思えばクレカでキャッシングすれば良かったな。
ちょっとテンション下がったけど、これから移動するバークレーのお友達とも連絡がとれたので気を取り直してホテルに一度戻る。ウーバーで配車してホテルへ到着し、荷物をピックアップしてまたウーバー呼んでバークレーまで移動。来た車が大きいクライスラー車でスーツケースも楽々個積めてホッとしたよ・・・。

サンフランシスコの街中を離れ、サンフランシスコ・オークランド・ベイブリッジを渡り、トレジャーアイランドをかすめていざバークレーに入る。

バークレーに入ると街並みが一変して、落ち着いた素敵な住宅街になった。低層の手入れされた住宅が並んでて非常に高感度高し。で、道沿いにはお洒落なカフェやレストラン(アジア料理も多し)があったりしてもう、どこかのライフスタイル誌の中に入り込んだみたい。

友人宅はグーグルアースでチェックはしていたもののいざ現実に到着してみるとドキドキして、会えるかなー、会えるよねー、ここだよねー、と挙動不審気味。もちろんすぐにMが迎えに来てくれて無事再会~!!!

1月の熱海旅行から数ヶ月でのサンフランシスコ訪問の実現!!!
うれしいーーーーーーーーーーーーーー!!!!!

バスルームつきの一部屋を貸していただけることになり、早速、友人M夫妻の坊ちゃんと戯れる(笑)。

Mは私の大学時代のバイト後輩なんだけど、もう今やタダの専業主婦の私とは雲泥の差のキャリアを積んでいて、バークレーで日本人ジャーナリストといえば、サードウェーブコーヒーといえば彼女、という偉大な存在。なのにこんな私を先輩扱いしてくれてホントにええこや・・・。
その上、お料理はプロ級というかプロなので、夕食はササッと美味しい散らし寿司を作ってくれて、日本食に飢えていた我が家は鱈腹頂いたという。お恥ずかしいばかりですが。

明日からの滞在が楽しみ過ぎるーーーー。

サンフランシスコ子連れ旅行記カテゴリの最新記事