リニューアル中です

子連れ台湾高雄4日目

NO IMAGE

おはようございます、本日もノープランの我が家です。
が、前回の台北で行きそびれた朝食屋さんへ行きたいという未練が断ち切れず、地図とにらめっこ。タクシーで10分くらいの所に有名なお店が有るのだけど、午後には空港に向かわなければいけないし、朝食屋さんが激混みという噂もあるので躊躇躊躇。。。
このホテルの裏側に朝市があるらしいという噂を頼りに少し裏通りを歩いてみた。が、それらしきものには遭遇せず、空振り。そのままなのも切ないので戻りがてら通りに出ていた朝食屋台を覗いてみると、水餃子と豆乳を売っているらしい。
取り敢えず朝食用の豆乳を飲んでみたかったのもあり、適当に指差したところ、餃子と豆乳を提供された。お値段安いので全然構わないし良いやー、と支払いをして歩き出した時、そういえば豆乳は暖かいのかな?と触ってみると冷たかった。屋台のおばちゃんに暖かいの無いか聞くと、冷たいのしか無いのー、ゴメンねー、と、豆乳を引き取って素早く返金してくれた。
台湾の方ってほんとに親切。
それが逆に、言葉が通じなくてもどかしさマックス。
行ってみたかった朝食屋さんも、混雑の中行列に並んで、注文の段になって思ったものが注文できないのでは無いかとちょっとストレスに感じて行かずじまいだった部分もある。

さて思いもよらない水餃子をゲットした我らはそれを持ってホテルのレストランへ。この辺図々しくなったわ。。
昨日までと同様にブッフェを頂いてこれからの予定を考える。が、あまり浮かばず。

結局、海近い方にある芸術特区という所へ行く事にした。チェックアウトをして荷物も置かせてもらって出発する。
ホテルのベルさんに行き先をお願いしてタクシーで向かう。本日が今までで一番お天気が良く暑い!!
到着した芸術特区は横浜の赤レンガ倉庫みたいな雰囲気で、倉庫や廃屋?を上手に利用してアート施設にしているみたい。

暑い暑いという娘に渋々アイスを買い与え、散策。

ん?これは??
アメコミ的な??

とにかく暑い!!!

だまし絵ペイントみたいなの。

ずーっと進んで突き当たりまで行くと突然開けて芝生の上に独特なアイアンアート?が。
ラピュタみたい。

ここも下調べをしっかりしておけば、元々の由来とか分かったんだろうけど。。。分からずじまいで。
どうも、廃線になった駅舎やレールを使ってアートにしているらしい。港も近いので、きっと昔は一大倉庫街だったのかもしれない。
港で荷揚げしてここから鉄道で運送されていたのかな。

そんなことを想像しながら一休み。とにかく暑い暑い~~!!

その後は港の方に歩いて行って海を一瞬眺めて(特段何もなかった)、お土産屋さんらしきところをふらり入って終了。

お土産屋さんに停まっていたタクシーに乗ろうと思いつつゆっくり歩いていたら、その瞬間、すごい勢いでタクシーが発車して行ってしまった!!この暑い最中!全然タクシー見つからないし!
とりあえず歩きながらタクシーを探し、捕まえたタクシーに漢神巨蛋の鼎泰豊へ行ってもらう。これもなんとかスマホの情報を拡大して見せて通じた。もうね、運転手さんみんな老眼!!どーなってんの。

さて、漢神巨蛋なんだけど、想像していたエリアではなく、ちょっと郊外方面にある事がタクシーに乗ってから分かり、おおお、マジか!?とヒヤヒヤ。空港に行く時間を考えるとそんなに時間的な余裕はない。グーグルマップと睨めっこしながらなんとか到着。

到着したのは大きな百貨店とその横の高雄アリーナ。そして日系ショップの看板がずらり(笑)。

地下の鼎泰豊に直行して順番待ちの番号を取る。お姉さんにお願いすると日本人用のサービスというチェックをされて日本語メニュー表を渡された。順番待ちも人数毎に発券しているようで、三人グループの私たちの番号は意外と早く進んだ。

席に着くと案内係のお姉さんが日本語で説明してくれてホッと一安心。高雄に来てこの安心感は初めてかも。
お料理もすぐに運ばれてきた。台湾の方ってせっかっちな感じもするよね。

何とかお食事を美味しくいただいて時間的にはセーフ。お会計を済ませて、嵐も昔、この鼎泰豊の小籠包食べてたな~と包みを眺めながら建物を出る。

タクシー乗り場が分からなかったのでインフォメーションのお姉さんに英語質問すると、日本語で「まっすぐ、ひだり」と返され、言われた通り外に出ると警備員のおじさんがタクシー乗り場を案内してくれた。親切・・・。
乗り場というか、道路の脇にタクシー係りのお姉ちゃんがスタンバイしてて、無線でどこからか提携のタクシーを呼び寄せてくれた。
乗り込んだタクシーは今までのおじいちゃんドライバーと雰囲気がっ違う、ちょっとコワモテのおじさまでびっくりしたけれど、飛行機の中で食べるためのお弁当を買いに排骨飯のお店に連れて行ってもらう。行き先はさっきのお姉ちゃんに伝えてもらっていたのだけど、おじさまがコワモテなのでドキドキ。
けど、何のことはない、きっちりとお店に到着。一安心~。

お店は至って庶民的な排骨飯弁当屋さんの「正忠排骨飯」。お肉のメインを決めたらお惣菜を3種選べるらしい。お店のおばちゃんたちは英語も日本語も通じなかったけどとても親切で問題なく買うことができた。
おかずも全て美味しそうだった!!!

< br />
排骨は注文を受けて揚げるもしくは揚げ直ししているようで少し時間はかかったけど、ホカホカでボリューム満点の素敵なお弁当をゲットできた♪タクシーで来て良かったー。

機内の夕食を手に入れたのでまたタクシーを拾い、ホテルに戻って預けていた荷物を引き取り、またホテルからタクシーで空港へ向かう。
ホテルから空港まで20分もかからなかったかな。

バニラのチェックインカウンターは2時間前以上だけど既に列が出来ていたので私たちも並ぶ。
実は荷物の重さが若干オーバー気味なのと。。。勇んで買ったシャンプー。。。今回は荷物を預けないので液体が機内持ち込みできないということをすっかり忘れていて。。。ダメだろうなと思いつつとりあえずバッグに入れてきてしまった。
チェックインカウンターでお姉さんが荷物を計量して、やっぱり2キロ位オーバーはしていたものの他のバッグの重さに余裕があったのでそちらに移動させておくように、と指示された。
そして早々と出国審査に向かったところ。

やっぱり。
シャンプーダメだった(涙)。

当たり前なんだけど。これで引っかからなかったらむしろ安全面で不安なんだけど。個人的には悲しかったよ・・・。
手荷物検査のおじさんに呼ばれてバッグの中開けられて、シャンプーは預け直すか放棄するかの2択を迫られ、もちろん放棄してきたよ。。。目の前でシャンプーの中身開けられて捨てられたよ(涙)。

気を取り直してプライオリティパスで入れるラウンジへ向かい、出発までの時間を潰す。

ハーゲンダッツ食べ放題で娘大喜び。
そしてここの内装がいかにも中国成金?みたいな赤とゴールドの組み合わせで面白かった。

(ごめんなさい、本当は撮影禁止だったようです。撮ってから気づきました。)

機内では飲み物も有料なのでここの水やお茶を頂いておいた。

バニラは定刻に出発できるようなので搭乗口に向かう。問題なく機内へ。

離陸した後はお待ちかねのお弁当タイム!!
お弁当はまだホカホカだよ!

台湾なら、こんな素敵なお弁当を買ってすぐに飛行機に乗って帰国すれば、日本に帰ってからもまだ温かいままで食べられそう。なんだか不思議。

食後は娘爆睡し、寝ている間にスポンジボブと記念写真撮ったった!


(マスクは機内の乾燥や感染予防)

今回はバニラエアがスポンジボブと提携しているということで何かと楽しかったかも。
この記念撮影も、機内アナウンスで「スポンジボブと一緒に記念撮影ご希望のお客様がいらっしゃいましたらお知らせください」と流れて、子供寝てたけど迷いなく垂直に手を挙げたよ(笑)。

そんなこんなしていたら日本に到着し、入国手続きも終了。。出発の時と同じフードコートを横切って第2ターミナル行きのバス停に向かい、寒い中バスを待つ。乗り降りの際だけ係りのお姉さんがゲートを開けてくれる厳重管理はもちろん同じ。

バスで第2ターミナルへ移動したあとは駐車場業者さんが届けてくれた自分たちの車に乗り込み帰宅。
夜遅くなってしまったけど、今回も無事に楽しく旅行を終えられましたーーー!

台湾子連れ旅行記カテゴリの最新記事