リニューアル中です

羽田空港からシンガポールへ

NO IMAGE

師走の忙しさに流されながら過ごしているうちに、気づいたら本日が出発日。
空港行きのリムジンバスは昨日予約済みなので定刻の10時目指して最寄り駅へと向かう。
子連れだと何かと時間がかかるものの、最近は自分の荷物をリュックに入れてサクサク歩いてくれるので随分と楽になったものだね。
リムジンバスは補助席も埋まった満員でホント予約していてよかったー。バスの中でベビーは大人しく座っていてくれた。

羽田空港の国際線ターミナルはベビーがお腹にいた頃にちょうど開業したので空港行き納め?で出産前に行ったきりだったので4年振り位かな。
改めてゆっくりみて回ると羽田空港頑張ってるな!!と感心した。

チェックインまでは時間があるのでまずはランチ。

その後二人でお散歩。
最近はiPhoneで写真を撮るとベビーが「お母さん撮ってあげるー」と言ってちゃっかりシャッターを押してくれるので交互に写真を取り合ってデートみたい(笑)。


ややブレだけどちゃんと撮れてて笑える。

チェックイン時刻が近くなったので自宅から発送していたスーツケースを受け取り、ついでに同じカード付帯サービスのコート無料預かりを利用して私のコートを預けた。帰国後の受け取りはちゃんと到着ロビーでできるらしい。超便利ー!!
荷物をちょっと入れ替えて連れを待つ。
空港の随所に携帯充電スポットがあってかなり助かった。
充電しながら仕事から直行の連れをひたすら待つ。

合流後はチェックインして身軽になり出国手続きを終えてラウンジでしばし休息。
羽田空港国際線にはプライオリティパスで入れるラウンジが無いとのことでよくあるカードラウンジに入ったけど、まあまあだった。

肝心の飛行機は結局30分ほどディレイで出発。ベビーは飛行機の機内が大好きなので席に着くと嬉しそうにベルトを締めてテーブルを出したり機内誌を広げたり楽しそう。
離陸後はテレビプログラムを見た後、私が見ていたスマホの嵐の動画(笑)を一緒に見て、途中食事したりしているうちに到着した。
7時間半ほどの飛行時間をぐずる事なく過ごせて本当に助かった。
私はというとスマホの嵐の動画をずーーーーっと見続け、こんなに嵐ばかり見続けられるなんて贅沢☆というウキウキの時間だった。

シンガポールは上空から見たらとてもキラキラしていて、綺麗な夜景を眺めながらの着陸だった。
日本時間で夜中12時を回っていたのでベビーは爆睡・・・初日はちょっとハードになってしまって子供にはもうしわけなかった。

空港での入国手続きはスムーズに終わり、タクシースタンドへ。
タイは子連れというだけで入国審査も優先レーンに案内してもらえたりするけど、シンガポールはそこまででは無い模様。けど、寝入ったベビーを抱っこしてタクシー待ちの列に向かうと、係りのおじいさんが優先レーンに通してくれた。ありがとうございます。
ただし、同じ年頃の子連れでもちゃんと歩いている子供の家族は普通の列に並ばされていたよ・・・。
それ以外で印象に残ったのは、入国審査抜けた所やタクシースタンドに小さいタッチパネルでサービス満足度を図るレイティングをしている事。なかなかやるな!と思った。

無事にタクシーにも乗り、とても親切な男性の運転手さんが一通りシンガポールの紹介なんかもしてくれて気持ち良くホテル迄到着できた。素晴らしく気配りしてくれる運転手さんだったので嬉しかった。旅行の醍醐味はこういう部分にあるよね。
ただし、私たちの英語力が乏しいのとシンガポール英語?の発音が独特なのとでうまく聞き取れなかったのが残念だった。

ホテルはマリーナマンダリンで、お値段の割りにグレードも良く、大変満足!!

窓の外は・・・

建物ばがりなのはご愛嬌。
ベビーはホテル好きなので室内に入るなりハイテンションになった。。。
素敵だねー、ホテルっていいねー、みたいなことを連呼していた(笑)。

そしてお天気は・・・案の定小雨。

日付が変わってしまったけど無事に家族全員眠りにつきました。

空港からマリーナエリアのホテルまでタクシー代35シンガポールドル程度だった。深夜料金と空港乗り入れ料金、その他もろもろコミ。

シンガポール子連れ旅行記カテゴリの最新記事