リニューアル中です

ハワイ3日目

NO IMAGE

昨夜のカードデスクからの念押し電話の効果があってか、朝一でフロントへ向かって確認するとキチンと話が通っていた。といっても、カードデスクの方から事前に知らされていたものの、コネクティングルームではなく「近い部屋」になると言われた。この件も昨日直接フロントで交渉していたときには言ってくれなかったから、やぱりカードデスク頼れるわー、と感心した。いやむしろ、ホテルしっかりしろよ!?的な。。。
とにかく午後には上階へ案内してくれるというので、荷物を全てベルデスクに預けてみんなでお出かけ。

本日はまたもやピンクラインのショッピングバスに乗り、アラモアナセンターへ!!
この時点で私の耳の状態は宜しくなく、相変わらず耳抜きができない。何となく気分が晴れないけれど・・・。

バスはアラモアナセンターの山側のバス停で停まるのでそこで下車、百貨店を抜けて歩いていくと大きなショッピングセンターへ到着ー。
朝食はブルーハワイ・ライフスタイルのアサイーボール!おじいちゃんおばあちゃんは古典的なアサイーボールを、私達はハワイグルメ本お勧めのカイザーというボールを注文。
さて食べよう~というときに、ベビーが「おしっこーーー!」と言い出す。私は不慣れなショッピングモールをトイレを探して長距離歩き、戻って来たときにはみんな半分残してくれていたよ・・・。だから写真はないよ・・・。
因みにトイレはOld Navyの試着室にあって驚いた。(本当はそこまでいく手前にあったらしい)

その後はまたラルフに立ち寄っておばあちゃんに子供服を買って頂いたり(ありがとうございます♪)、分かれてからはそれぞれショッピング。
私達は、ジンボリー(期待はずれ)、Oldnavy(子供のラッシュガードと水着をそれぞれ7ドル程度でゲット!)、ホリスター(私の秋冬用服ゲット)、アバクロ(見るだけー)、フォッシル(初日に買いすぎの為見るだけ)、もろもろ、アメリカ発のショップをメインに。

待ち合わせの時間オーバーしてしまいつつ見て回って、急いで待ち合わせ場所のフードコートへ。おじいちゃんおばあちゃんは既にランチも済ませていて、流石、時間の管理バッチリ(ごめんなさい)。
ここのフードコート、いろいろなお店が入っていて楽しいー。遅めのランチを持ち帰ろうと思い、見つけたタイ料理店でヤムヌアセットを注文するもなかなか出来上がらない。

もうお腹も空いてきたので持ち帰らずここで食べよう、となって我が家は私:タイ料理、娘:中華料理、夫:両方、を食べる。

ここでタイ料理の奇跡。
あれだけしつこく耳抜きができなかった私の症状が、タイ料理食べたら治った(爆)。

そして、こんな辛いタイ料理見たことないおばあちゃんに若干引かれていたよ・・・見た目もちょっとアレだったんで。

夕食用の食材も持ち帰りでパンダエクスプレスにて購入し、ピンクラインで帰る。果たしてホテルの部屋は本当に上階になっているのだろうか・・・いやむしろ、今までの対応から考えると部屋すら無くなっていてもおかしくない。ドキドキ。

ホテルに到着し、男性陣がキーを受け取って戻って来た!!
なんと!!
31階最上階の角部屋、向かい合わせ!!!

部屋に入ると、もうそれはそれは・・・・

こんな感じで。

ダイヤモンドヘッド側の多分一番眺望が良いと思われる方をおじいちゃんおばあちゃんに泊まってもらう事にして、私達は反対側のハーバーが見える方へ。どっちももちろん素敵だし、行き来するので問題なし。

お部屋に入った後は父子だけで海&プール遊びに出かけて、私は頼まれていたホノルルクッキーカンパニーのクッキーを買いにホテル内のショップへ。
頼まれていたやつ発見。DFSにはこれが売っていなかったのよね。

それとホテル内にあるJTBのツアーカウンターでオプショナルツアーを予約。ノースショア半日観光というもので、ドールプランテーションに立ち寄ってハイレワの方へ行くという6時間程度のツアー。日曜日にしか予約が入らなかったけど、子供が体調不良でキャンセルというのが一番嫌なパターンだな。。。

夜はおじいちゃんおばあちゃんのお部屋で買ってきたお弁当で夕食。
下手に外に出てお店で食べるより、子供もいるしゆったりできるお部屋の方が楽しい。レストランだと色々チャージとかチップとかいちいち気になるしねぇ。

ベビーは楽しすぎるのかおじいちゃんおばあちゃんの部屋からなかなか帰ろうとせず毎回困るのだけど、かえってコネクティングルームじゃないこちらの方が諦めがついて良かったかも。

部屋に帰っても時差の影響かなかなか寝付かないベビー、結局寝たのは12時ごろだったかな。
明日はもう一度DFSへ行って、姉からの頼まれ物を買わねばー。

やっぱりお買い物はアレだね、その国発のブランドで、なおかつ日本に入るときの関税が高い商品が狙い目。

例えば、ニット製品、靴、革製品。
超安い。
個人輸入を考えたときに関税一覧を見た時に驚いたよね。国内の産業保護の為の関税っていうのは、なかなか侮れない。

ハワイ子連れ旅行記カテゴリの最新記事