オタパオ空港からパタヤへ/タイ子連れパタヤ

NO IMAGE

今日は連れが一人で日本に帰り、私とベビーでパタヤへ向かう。
慌ただしく朝の支度をしてベルサービスを呼んでチェックアウト・・・なのだが、ベルボーイが来ない・・・催促すると「まだ誰も行ってないの!?すぐに行くので待ってて。」と言われ朝からタイっぽいサービスを受ける。私は私で、今回はホテル滞在が始めてなのでチェックアウトの手続きに時間がかかることをすっかり忘れていて、時間がギリギリになってしまった。
それでもサムイの空港がかなり近かったのもあり、ホテルの車で送ってもらったらちょうど良い位の時間だった。

連れの飛行機の方が2時間ほど早く出発するので、チェックインをそれぞれ済ませてゲートへ向かう途中でバイバイ。ベビーより連れの方が寂しそうだったね、あれは。

私たち母子はバンコク航空のゲートに早く到着したので、スナックやコーヒーを取ってきて軽い朝食を食べた。バンコク航空はエコノミーでもすべてラウンジサービスがついているので助かる。ベビーも飛行機の離着陸を目の前で見ながら風に吹かれて鳥のさえずりなんかも聞きながら、ポップコーンをずっと食べていた。

ゲートの近くには子供用のプレイスペースがあって、他の子供たちがいない隙を見計らいながらベビーも遊んでいた。

まあ、日本にいる時も誰かがいると絶対一緒に遊ばないからなー。
このプレイスペースの脇で小鳥が沢山鳴いていて、初めてハチドリみたいな飛び方をする鳥を見た。いいなー、こういうの。

搭乗時刻が近くなったので搭乗口近くのソファーに座っていると、隣に座っている中東人らしき男性3人組にベビーが話しかけられる。というか、写真を取らせてーみたいなことを言われて、なんだか分からないけど一緒に写真を撮ったり撮ってもらったりして少しお話した。どうも、イスラエル人らしい。
日本から来たというと「コンニチハー、アリガトー」と言ってくれるんだけど、私はイスラエルの言葉を一つも知らないので、日本語を知っていてもらえるのはあり難いな~、とちょっと思えた。(相手が何人でも、結構こういうケースがある)
このイスラエルおじさんがしきりに、ベビーのことを「ビューティホー!」と褒めちぎってくれて、親心としては嬉しいんだけど、客観的にはそんなに言われる程じゃないのになぁ~、と、謎。昨日のオーストラリア父さんんしかり、外国人の思う日本人の幼児のイメージに近いのだろうか。こけしみたいな(笑)。

搭乗時刻になり、やっぱり幼児連れなので一番最初にゲートを進み(ベビーは男女問わずタイ人スタッフたちに触られたりバイバイされたりされつつ)、機内に入る。案の定ウタパオ空港行は2席ー2席の小さい飛行機で、まあ隣に知らない人が来ないのでそれは良かった。ベビーは行きと同じように絶対私の膝から降りようとしない。
今回は最初からインファントシートベルトをもらって装着。

そこで今回のナンバーワンタイ人に遭遇!!!
(あー、この自分の中のナンバーワンタイ人っていうの、いつぶりだろう・・・懐かしい響きだ)
とにかく、イケメンの乗務員に遭遇!!
背が高くて細マッチョ&爽やかスポーツマン系、うーん、イケメン。
だがサービスは普通だった・・・。
大学野球のイケメン投手、みたいなイメージ。勝手に。高校野球じゃなくて、大学野球なの。私の中では。

サムイを離陸してウタパオまで実際の飛行時間は30分ー40分程度かな、食事し終わったらもう到着したという感じ。何列か後ろの席に座っているイスラエルおじさんがたまに、「ヘイ、○○○~♡!」とベビーの名前を呼んで手を降っていたな、そういえば。

ウタパオ空港はかなりマイナー空港で、私もその存在すら最近気づいたし、空港のホームページもあっさりした物で詳細情報が全くなかった。ご存知の方は数年前にスワンナプームがデモ隊に占拠された時に代替空港として急遽使われたということで、その名前を知っているでしょう。(今回コンドを貸してくれているNさんのご主人もその時、ウタパオに緊急着陸したらしい!)

ウタパオに到着して荷物を受け取り出口へ向かうと、乗合バス&タクシーカウンターが4社ほどカウンターを構えていて、みな同じ価格で同じサービスのようだった。私たちは今回交通手段だけはお金をかけて良い、という方針なのでタクシー1000Bをオーダー。高い!!(乗合バスは250B)
けど、子連れで荷物が多い上に待たされるなんて無理なので、快適にパタヤビーへ向かう。イスラエルおじさん、バイバーイ。

ウタパオ空港からパタヤビーチまで30分位?もうちょっとかかったかな?途中、シルバーレイクとかいう観光地を通り過ぎ、ジョムティエンビーチを遠目に見ながらパタヤ中心部へ向かい、一年ぶりのパタヤに到着。なんか一年ぶりの気がしないのだが・・・。
車でベビーが寝てしまい、スーツケースとベビーカーがとてもじゃないけど運べないなーと困っていたら、運転手さんが運んでくれた。初めて来たコンドだったので部屋までのルートが分からなくて途中でサヨナラしたけど、分かっていたらずっと運んでもらえたかもなー。そういうのも価格の差にあるといえばあるよね。

お部屋があるのは25階で、何とかベビーを歩かせて荷物も全てお部屋まで到着。
お部屋に入ると素敵なシービュー!!

やっぱりビーチに来たら海が見えると嬉しいよね。

今日はとにかくゆっくりしたいと思ったので、荷物を落ち着かせてから隣のセントラルフェスティイバルへ向かう。目指すは日本料理店。
もちろんすぐにみつかりました、やよい軒。
「イラッシャイマセー!スミマセンー!」と掛け声が。。。スミマセンー、と安心して店員さんを呼べます。

ベビーは日本米に振りかけ、私は豚すき焼き定食。すき焼きのお豆腐をベビーにあげたんだけど、すき焼きがピリ辛で焦ったー。
お値段は大戸屋より少し安いかな。行きつけになりそうな予感。

食後はトイザらスでシャボン玉セットを買い、セントラルのスーパーへ寄ってベビーの為の日本食材などを購入。私の夕食のタイ料理弁当も買って帰る。

納豆、お豆腐、日本米、お醤油・・・なんでも揃っていて助かる!

夕食は電子レンジで炊いたご飯におにぎりの素を混ぜて海苔で巻いたおにぎりに、納豆、冷奴でベビーの夕食完成。(偏食なもので・・・)あと、モンキーバナナも少し食べたかな。
私はタイ料理弁当とソムオーで。ソムオーって美味しいよね。

夕食後にFaceTimeで羽田に到着した連れと話して、シャワーして就寝。
今日は朝早かったし疲れたねー。

子供と二人きりになるとやっぱりどこか緊張するので、ちょっとしたことでピリピリしてしまってベビーにも申し訳ない時がある・・・ごめんよ。

あと、ずっと基本曇天だったサムイ島だけど、今日が一番の晴天だったな。さすが雨男雨女!

パタヤ子連れ旅行カテゴリの最新記事