あいさつ回り

NO IMAGE


我が家があるフロアには我が家を入れて4軒が入っていて、その同フロアの3軒さんとウチの直下のお部屋の合計4軒に、念のため挨拶回りに行って来た。
子供が生まれて今後、何かとお騒がせすることもあるかもしれませんので・・・ということで。

同じフロアのお宅は割りと年配のご家族だけなので、子供が生まれたというと非常に喜んでくれた!(社交辞令かもしれないけど)
落ち着いたら赤ちゃんの顔見せてね~とか言って頂けた。
直下のお部屋には私たちより少し年上のご家族がお住まいで、以前、ピアノを購入して練習の音がすると思うので・・・とご挨拶を受けたことがある。なので私がご挨拶に行くととても恐縮されていて、お互い様ですしね~という感じで穏やかに終了。何か困ったことがあれば相談してね、とも言ってもらえて。

マンションだけに普段はご近所づきあいがほとんど無くて気乗りがしなかったご挨拶でも、実際行ってみると心が和むね。非常に常識的なご近所さんばかりなので何だか安心。

最近は個人情報を気にしてか、表札を出していないお宅が多くてお名前が分からないことが多い。しかも、一番よくお喋りさせてもらっているお隣さんが唯一お名前不明(というか、引越しのご挨拶のときに聞いたんだけど忘れた・・・)という最悪の状態で。。先日もお野菜をおすそ分けして頂いたのに。。。

あ゛~。
今さら聞けない。

さてさて、最近のベビー。
お陰さまですくすく育っております。すっかり表情も豊かになって、かなりニコニコするようになった。
赤ちゃん語でアウ~とかモニャモニャお話するようにもなったみたい。
それと、「いつものもの」と「じゃない方のもの」の区別がつくようになったらしい。「じゃない方」の時は不安な表情になって泣いたり吐いちゃったりするみたい。
それとともに、母(つまりはおっぱいをくれる人)への依存が強くなったようだ。

やっぱりなんだかんだ言っておっぱい最強。

いろいろカテゴリの最新記事