塩谷哲、佐藤竹善、上妻 宏光、渡辺美里・・・

NO IMAGE


23日の昨日、急遽ライブのチケットが手に入ったので中野サンプラザへ行ってきた。マンダリンホテルでの午後ティーでゆっくりした後、ちょうど良い時間帯。

元オルケスタデラルスのピアニストである塩谷さんが「ソルティッシュ・ナイト」と題して色々なアーティストの方とコラボするライブで、今回で13回(年)目らしい。塩谷さんと佐藤竹善さまで「ソルト&シュガー」として活動もしてるので、竹善ファンにはなじみ深い。
もちろん一番のお目当ては佐藤竹善さまなのだけど、今回は渡辺美里も出演するということで、なんだか懐かしくてキュンとしたね(笑)。

いやぁ~、それにしても、素晴らしい演奏でド肝を抜かれた人がいた。
津軽三味線のプレイヤー「吾妻宏光」さん。
塩谷さんと組んで「アガ=シオ」というユニットの活動をしている。それも、世界に向けて。↓
http://aga-shio.com/index.htm
来年はヨーロッパツアーをするんだって!!

めっちゃくちゃカッコ良かった。塩谷さんの躍るようなキレのあるピアノと津軽三味線の緊張感のあるうねりが重なって、なんというか、すごい迫力。ヨーロッパのクラッシック調の曲や和風な曲、どちらも素敵だった。

ソルト&シュガーと吾妻さんでビートルズ「come together」をやったんだけど、これがまた!素晴らしい!!
当然、津軽三味線がギターのパートなんだけど、あの独特なイントロを見事に三味線で表現していた。もちろん三味線も弦楽器であって音の出る仕組みはギターと同じなんだけど、三味線特有のバチの当たる音とか、民謡の土臭い?歌い回しのような響きが、超マッチしていた。
竹善さんも言ってたけど、普通に「三味線独特のリズム」を洋楽に乗せるだけでは味気ない陳腐なものになってしまう所を、吾妻さんの持つグルーブ?ソウル?が絶妙なノリ・間合いを持っていて、楽器の種類や奏者の国籍なんかを超えた音楽に昇華されていた。

ホントにみんなに聴いて欲しかった!!

渡辺美里が歌ったのは「10years」「MyRevolution」で、自分の中学生時代を思い出してしまった。何気に、美里さんと塩谷さんは小学校の同級生なんだって。その学校、すごいな。
10yearsは確か大江千里、My~は小室哲也が作曲だったはず。この時期、微妙な話題か(笑)。大江千里、中学時代にものすごく好きだった時期があるわね。

美里さんがずっと西武球場でライブをやっていたんだけど、中学時代だったかな、一度だけ行ったことがあった。アンコールの最後にマイクを使わないで球場のスタンド席まで声が届いたのには感動した。
この日も美里さんはすごい声量で、何を歌っても「misatoです!」って感じだった。

まぁそんなこんなで長くなっちゃいましたが。
素晴らしいライブでした~!!
チケットを譲ってくれた方、ありがとうございました♪

そうそう、この日は頑張って着物を着て行きました~。

いろいろカテゴリの最新記事