長らく掃除してない

NO IMAGE

帰国してから一度もお掃除してない。。。アイロンもかけてない。。。スマヌ。

ようやく床に広げてあった旅行の荷物は片付けが終わり、スーツケースも修理にだした。そのかわりに不動産関係の書類やら金融機関関連の書類やらでごった返してきた。
その上、年末調整の時期になってしまったじゃないの!!!

まあ、連れは確定申告(私もか)なので、年末調整はせずにハンコだけ押して提出すればいいんだけどさ。連れの分の控除関係はこのタイミングでやってもいいけど、そうすると年末調整で戻ってきた税金を確定申告の際にまた支払うという憂き目にあってしまうと思うので(どうせ同じ税額なんだけど)すべて確定申告で清算するほうが気持ち的に得した感が大きいしね・・・。

近日中にマンションの契約を控えているんだけど、融資の事で頭がいっぱい。仲介業者の営業担当さんには「大丈夫ですよ」的な事を言われてはいるものの、自分がマンションを売っていた時も(今思うと)割とアバウトな発言をしていたと思うので、思い切って融資利用予定の銀行に自分で電話してみた。
結果、やっぱりすべての詳細を開示しないことには銀行も何とも言えないという回答。。。にゃほ。

営業担当者はこの不穏な空気を察知したのか、別の日に改めてその銀行の融資担当者と内容確認する機会を設けてくれるという。

不動産屋っていうとヤ●ザな商売というイメージはあるけど、ここ最近の大手の仲介業者はホントにキッチリしてきてるなぁという印象がある。大手であればある程会社のコンプライアンス遵守が行き渡っているし、宅建業法や地域ごとの条例、過去の判例に則った対応、品確法などの消費者有利の法整備、などなどがあり、ますます清潔な取引になってきている。

まあ、結局なにかもめごとが起きたら会社のリスクが高くなるわけだし、結果的に契約が反故になれば骨折り損になるだけだし。
営業さんが思った以上に買い主目線で気を配ってくれるので、今のところ順調ではある。

事前に契約書と重要事項説明書のドラフト、登記簿を送ってもらったので内容チェックもOK。(一応私も宅建主任者なもので。)
疑問点も解決してもらった。

旅行の写真の整理&年賀状作成をしなければいけないのに!!!
あああ、時間が足りない。

因みに、地元の不動産屋については未だにヤ●ザまがいな所もあるのでお気をつけて。不動産チェーン店はチェーンの看板をロイヤリティを払って借りているだけなので、例えば「○○ハウス (有)△△不動産」と書いている不動産屋さんは普通の地元の不動産屋さんですので、お気をつけて。ガラの悪いオバちゃんや客引きみたいな営業のお兄ちゃんがいるケースがあります。
「○○ハウス □□支店」なら直営の営業所なので看板を信じてOKです。

因みに因みに、ロイヤリティの価格もチェーンによってまちまちで、一番安いところがホーム○○トらしいよ。

いろいろカテゴリの最新記事