新築マンション@津田沼

NO IMAGE

先日、ちょっと興味のあった三○地所の新築マンションのパンフレットを請求したので、当たり前だけど「来場しませんか電話」がかかってきた。
一度は見てもいいかなぁと思ったので連れと行ってきたんだが。

なにあれ。
なんなのよ!あれは!!

というシロモノだった。
これは個人的な価値観で大きく左右されるので良い悪いは人それぞれなんだけど、三○地所というブランドを付けて売るにはとても恥ずかしい位の・・・と思わざるを得ない仕上がり。
自分が昔販売してきたマンションが良い物だっただけに、あの!あの!三○地所が!!という、現地に到着して腰砕け状態。。販売事務所に立ち寄らずに帰ろうかと思ったわね。
千葉仕様なのか、千葉ならコレでも売れると思っているのか、開発段階での土地価格が今より高かったから上モノでコストダウンしたのか、まあ、こういう理由の複合的な結果なのかしら。

竣工売りっていうのも、最近多いよね。(売れ残りではなく、本当の竣工売り)
本来青田売りするべき時期にリーマンショクが直撃して売るに売れず、在庫処分に必死になっている内に着工、竣工、リーマンショック前の一瞬のプチバブル時期に仕入れた土地なものだから、結果的に高掴みさせらてしまうとかいう噂。

いやぁ、これはいくら安くても買いません。

やっぱり築浅の中古が一番良い気がするわね。不動産業界の人、結構そう思っている人が多い気がする。(人それぞれだけどね。)

いろいろカテゴリの最新記事