祖国か死か

NO IMAGE


早々に、「チェ・ゲバラ28歳の革命」を見てきた。
いやー、まあ、小難しい。けど、面白かった。「レッドクリフ」や「硫黄島からの手紙」みたいな生々しい戦闘シーンや流血シーンがほとんど無くてよかったー。
また血を見て卒倒することになってしまう(笑)。

「28歳の革命」なんだけど、映画の登場人物として出てきたゲバラがいきなり中年で(俳優さんの年齢)ちょっとひいたが。。

この映画は「革命」から入るので、なぜゲバラが革命への道を進んだのかという背景は全く描かれていない。なので、モーターサイクル・ダイアリーズを見ておいて正解だった。
でも、細かい世界情勢との関係は勉強していないと分からないと思った。原作本は買ってあるけどまだ読んでいないので、よく分からない部分もある。
南米が舞台の登場人物の顔や名前に慣れていないので、そこも判別するのに難しい。

ベトナムへ行った際にホーチミン作戦博物館で見たベトナム戦争の資料や兵士達(ベトコン)の実際に使っていた品々を思い出した。
ジャングルの中でゲリラ的に進軍していったという光景も、この映画を見たら想像に難くない。

きっと今なお、こうした形でアフガニスタン・パキスタン・中東やその他の地域でも戦闘が続いているんだね。
それぞれの理想を実現するために。

祖国か、死か。

(最近は日本も国境問題、資源問題がニュースになっているし。いつまでものほほんとしていられないかもね、私達も。)

TOP写真は、ランチに作ったパスタとマユモンに頂いたスロヴェニアスープ(トマト)。
欧州の味がしたわ~★

そして夜はMKレストランでタイスキ。
今週末に我が家でタイスキパーティーが行われる予定なんだけど、思わず行ってしまった(笑)。

いろいろカテゴリの最新記事