ブーリン家の姉妹

NO IMAGE


今、話題?の映画ブーリン家の姉妹

実は私、ブーリン家のお城であるヒーバー城に行ったことがあるのだ!

と、思い出した。

2005年にイギリスへ行った際、友人が連れて行ってくれた古城の一つで、とても広い敷地と美しい絵画のようなお庭の中に建っていた。
うーん、庶民の私の表現としては「ゴルフ場にお城が建っているみたい・・・」と思ってしまった(笑)。

お城の中にはテラスコートみたいなスペースがあり、素敵な感じ♪

展示品には、ヘンリー8世や6名の妃のマネキン人形や、書物、お部屋の装飾、文献、あと拷問に使った恐ろしい~器具などがあった。
英語で全部書かれているから詳細には分からなかったけど、なんとなく「おどろおどろしいなぁ」とは思っていたが。

イギリス人の間では、ヘンリー8世の6名の妃の事を

一人目は離婚、二人目は首チョップ、三人目も死んで、四人目は生きてて、五人目もチョップ、六人目は生きてる~

みたいな、文言は定かじゃないけど、よく言う言い回しみたいな感じで言うみたい。
ヘンリー8世の事は有名な事件?なんだなー、と思った。

旅行していた際は全然気に留めてなかったんだけど、最近この映画の予告などを見て「お?なんか聞き覚えのある名前・・・」って思っていたんだけど、何気に今まで「Anne Boleyn」のBoleynが”ブーリン”と読むのを知らなくて(読めなかった!!)、ようやくここに来て記憶が繋がったという。。

そして今、イギリス皇太子が来日中。

ヘンリー8世がいたからこそ、彼も離婚&再婚ができたんだなー、なんて、感慨深くなってみた。

*ヘンリー8世までの時代はイギリスはカトリック(離婚を認めない)だったが、アン・ブーリンとの再婚の際、再婚を巡って教皇と断絶し、それがイングランド国教会の原型になったとのこと。

いろいろカテゴリの最新記事