情熱大陸ライブ:サマータイムボナンザ

NO IMAGE


毎年夏の恒例になっているライブイベント、サマータイムボナンザ。葉加瀬太郎を中心に佐藤竹善さまや大御所若手が出る野外イベントで、今までは横浜でやってたのよね。
実は毎年チケットは買っていて、結局行けずにヤフオクで売っていたのだ(涙)。今回は東京(夢の島運動場)で行われたので、遂に今年は行けた~☆

がしかし、土曜日は午前の用事@横浜が長引いたため、30分程遅れて会場入り。

な、なんと!

最大の私の目的だった竹善さまが既に終わっていた(号泣)…。

帰ろうかとも思ったけどなんとか踏みとどまり、森山直太朗やキマグレン、藤井フミヤなどを拝見。押尾コータローのギターを聞きながら芝生でウトウトしてたらなんとも幸福な気持ちになってきて、やっぱり帰らないで良かったなと思った。

後半の小田和正登場で会場はさらに盛り上がり、小田さんの「ジィ」キャラに癒された(笑)。スローで好き勝手?な言動がナイス!だった。もう60歳なんだってねぇ~。あんな素敵な歳のとり方をしたいものだね。

そしてそして、その昔小田さんのコーラスをやっていた竹善さまが呼ばれた!

きゃー☆
キター!!

プラスワンという小田さん竹善さまのユニットもあったし、でるのではと期待してたのだ~♪

竹善さまがカバーしている”生まれくる子供たちへ”を二人&葉加瀬太郎で!
いやぁ、これ聞けただけで来て良かった…。

その後竹善さんはすぐにはけて、ステージも終盤へ。やっぱり一番最後は葉加瀬太郎氏の”情熱大陸”ね。会場総立ち。

あー、楽しかったわ~。

音楽のジャンルを超えてコラボしたり、若干垣根の高い感があるクラッシックへの抵抗をなくして広く親しめるフュージョンというか歌のないポップスというか、そういう世界を牽引してきた葉加瀬太郎は、やっぱり凄いよね。クライズラー&カンパニー時代からなんとなく知ってはいたけど、音楽の才能はもちろんだけど、何より商才に長けてるんだろうなぁと、思った次第です。

いろいろカテゴリの最新記事