瞬間湯沸かし器!

NO IMAGE

ここのところ電化製品のお話をしているのですが、これは電化製品のお話ではありません。。。

あ゛~、今日、ブチギレそうになった。

というか、キレてました(笑)。
久々(?)に。

タイ語教室が終わり、夜10時少し過ぎに新橋駅へ到着。電車が入ってきたので僅かに残った空席の位置を確認し、座れたらいいなぁ~・・・と思いつつ扉が開くのを待ち、ササっと車内へ入る。

ササっと歩きたいのに!!
前にトロトロしているおばさまとお嬢様がいらして、前に進めない~~っ。
早く早く~!!

・・・でも、ここで湯は沸いてません。

まだ。

残った席は一つ!!!

そこに向かって早足に進むと、正面からおっさんが歩いてきて、ほぼ同時に席の前まで到着してしまった。

で。

おっさんは。

私の

足を

踏んで

席に座った。。

謝りもせず、すぐに下を向いて寝たフリ?的な雰囲気。

足を踏んだのを目撃したと思われるほかのおじさまが、びっくりして私の方を見ていたが。
私は泣き寝入りなのぉー!?!?

沸いたーーーーーーーーっっっ!!!!!

なんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんで

あのおっさんは

謝らないのか!?!?

謝らせた方がいいか?

謝らせてやろうか????え?

ふつふつふつふつふつふつふつふつ

と、色々な手段が頭に浮かんできて、でもあまり過激なことして刺されてもなぁ。。とか思ったりして。

とりあえず、窓に映ったおっさんを凝視。
ずっと凝視。

だいぶ経った駅でおっさんはちょっと顔を上げて、「あ、まだあそこに立ってる」とこちらをチラ見した様子で、でも私と同じ終点まで行く気配。

途中、私の後ろを通ろうとしたサラリーマンの方が「すみません」と声をかけて歩いて行った。

後ろを通るだけでも「すみません」と言ってくれるのに、なぜ、あのおっさんは、私の足を踏んで席を取って、「すみません」の一言をいえないのだろうか?
席に座ることは仕方ない、早い者勝ちだとしても、自分より明らかに年下の女性の足踏んでまで座って、足踏んだことについては謝れないのか?

と、沸く沸く(笑)。

終点で降りる様子だったので、扉へ向かって立ち上がったおっさんについていき、扉の前で隣に並んで立って、凝視。

凝視。

凝視。

おっさんは、下を向くばかり。

下車してもおっさんのすぐ後ろを歩く。

歩く。

歩く。

おっさんは早足で、とにかく下を向いて歩く。

歩く。

歩く。

そんな、下を向いて歩くしかないおっさんの後姿を見ていたら、哀れになってきた。

いい年して、下を向いて逃げるように歩くしかできないこのおっさん、どんな人生送ってるんだろう。

そのまま改札をそそくさと出て行ったおっさんを見送り、私は乗り継ぎのホームへ。

なんか、あんなおっさんと関わるだけ無駄な気がして、どうでも良くなった。

あともう少し歳とったら、車内の時点で直接対決しそうな自分が怖いなぁ。。。

けっこうな短気の、瞬間湯沸し器な自分を再認識した出来事でした。。

いろいろカテゴリの最新記事