効き過ぎ

NO IMAGE

最近暖かい日が続いていて、夏が待ち切れず(気が早い)嬉しい気持ちのいまむぅです。

でも、やっぱり花粉症がつらい・・・。
昔から各種アレルギーに悩まされているので特に花粉症だけが強く出るということはないものの、この季節は他の季節に比べればやはり調子悪い。。

病院は激混みなので市販の薬でしのぐことも多いんだけど、この市販の薬というのがクセ者。鼻炎のお薬を飲むと、なんだかこう、憂鬱な気持ちになるというか、無気力になるというか。効き過ぎ感がある。
もともと薬は子供の量で効くので、先日、いまむぅ姉からもらった子供(幼児)用の鼻炎の薬を飲んでみた。

が、これも効き過ぎの気がする。
粘膜という粘膜が乾いて、喉も渇くし口も渇くし、目もシバシバ(これは年?)。

これ以上どう薬を変えたらよいのか(涙)。
幼児用の薬から、乳幼児用へと変えるべきか・・・もう私、○十路なんだけど。

この様子だど、テン茶とか飲んだ方がいいのかもしれない。来年は面倒がらずに事前に準備しておこうかしら。

いろいろカテゴリの最新記事