おじいちゃんの天ぷら

NO IMAGE


会社のK姉さんに連れて行ってもらった、とある天ぷら屋さん。おじいちゃんが一人で切り盛りしてる。
小さい油のしみた暖簾をくぐると、おじちゃんがせっせと一心不乱に天ぷらを揚げている。注文してないのに、どうやら私たち2人分の天ぷらもあげ始めている。

???

大丈夫っすかね??

お茶は茶漉しにお茶っぱが入れられており、それが冷酒を飲むガラスのお猪口の上に乗せられている。しばらくするとお漬物と湯のみとお箸を持っておじいちゃんがチョコチョコやってきて、「これでね、自分でお願いします」と魔法瓶を指差す。
セルフですね?

でもおじいちゃんは一心不乱に天ぷらを揚げているので、○○が欲しい、○○を持ってきてください、とかはとても言い出せない雰囲気。。。
しばらくすると天重が運ばれてくる。
おおお。
大きい牡蠣が二つもあって結構お得な感じがする。

あまりにもこのアミューズメント天ぷら屋さんのおじいちゃんが心に残ったので、数日後また行ってしまった。会社がご近所?の先輩と。
先輩も気に入ってくれた?でしょうか(笑)。

おじいちゃん、これからも頑張って!!

今週は甥っ子の七五三のため、実家に戻ります★

それにしてもバンサワイの移転でめっちゃくっちゃ忙しい。本当は休日ずっとHPいじりたいんだけど。。。家族のこともおろそかにしてはいけないと思い。。。あああ。
下請けが欲しい。

いろいろカテゴリの最新記事