ポンペイの輝き

NO IMAGE

ポンペイの輝き展を見てきた!
ポンペイって、昔からすっごく興味をそそられる。西暦79年にして上下水道が完備されていたような近代化された古代ローマ都市が、ベスビオ火山の噴火により一瞬に内に壊滅状態に。。。という所にロマンを感じるんだよね。

今までも結構定期的にポンペイの壁画展などが行われていて、大体欠かさず見てきた気がする。(←軽くストーカーちっく)
火山から逃れる途中で命を落とした人々の”型”を見るたびに、リアル過ぎてゾゾーーっとする。

今回は特に装飾品・貴金属・生活用品・コインといった”輝く”物品が多く、面白かった。説明書きに”ネロ””アウグストゥス”などの懐かしい世界史で習った名前が出てきて、もっと勉強しておけばよかったぁーーーーー、と少し後悔(汗)。

ご興味のある方は是非どうぞ☆

いろいろカテゴリの最新記事