風の谷に住んでみたい

NO IMAGE

久々に見ました、金曜ロードショー「風の谷のナウシカ」。
何度見てもいい。。。何度見ても泣ける。。。ナウシカみたいに生きていきたい・・・メーヴェに乗りたい・・・ガンシップにも乗ってみたい・・・ユパさまカッコいい・・・。
と思ってしまう。ナウシカの女性らしい包み込まれるような優しさと、困難を切り開いていく強さ、賢さ(母性の象徴?)。テキパキと的確な指示を出していく所は素敵だ。

見る度に新しい発見がある気がする。というのも、子供にとっては難しい日本語が多用されているので、大人になった(のか?)今になってようやく聞き取れるような単語がかなりあった。

必ず泣く所は、人質になったオジイチャンがクシャナに「アンタも姫じゃろーが、ワシらの姫様とは随分違う。」って言って、”石のようになって使えなくなる手を見て、働き者のキレイな手だ、と言ってくれる”というセリフ。
あああああ、泣く泣く泣く泣く―――・・・キタ―――――――ッ!
って感じで、ウルウルしてます。

巨神兵=核兵器、クシャナ=人間のエゴによる自然破壊、腐海=自然の浄化システム――人によって解釈は多少違うだろうけど、宮崎作品にはこんな感じで自然・自然破壊などの設定がされている事が多いよなぁ。もののけ姫もかなりナウシカとダブるし。
でもやっぱりナウシカが一番好き。設定が明快だしね。

ナウシカがしてる、赤いキラキラした揺れるピアスが欲しいなぁ。ルビーかなぁ。
――どうもイカン、アンジーやらナウシカやら(笑)。

いろいろカテゴリの最新記事