星の王子さまミュージアム

NO IMAGE

行って来ました!!雪が積もる箱根――その向うには。
星の王子さまミュージアム★
ずーっと行ってみたかったので非常に満足♪
サンテグジュペリの生涯についても詳しく分かり、驚きというか新しい発見というか、とにかくとっても楽しかった。

彼の生きた時代はまだ、空を飛ぶことは生命の危険と隣り合わせの冒険であり、そうであるからこそ人は憧れを持ち、挑戦し、ロマンを感じたのではないかな。最近は空を飛んで海外に行くことが身近になって、こうしたロマンというか、想像を掻き立てられてワクワクするような事が少なくなったと思う。
だからつい、情報が少ないアジアの田舎や、まだ解明されずに色々な憶測が飛び交う(=誰もが自由に想像を膨らます事ができる)文化の遺産がある南米などに魅力を感じるのではないだろうか。

サンテグジュペリが意外に俗人的な側面も持ち合わせていた事に親近感を抱きつつ、ミュージアムを堪能してきました。ショップで星の王子さまグッズも買ってしまう私はオノボリさん的でもあり――(笑)。

「星の王子さま」の版権が解放されたので、昨年は沢山の新訳版が出た。キツネとの会話に出てくる台詞では、一つの単語が”馴染みになる””飼い慣らす”という風に訳者によって日本語表現が違う。きっと日本語で表現するには難しいニュアンスを含んでいるんだろうね。
私は新訳しか読んでいないので、機会があれば今までの訳(岩波版)を読んでみたいな。

いろいろカテゴリの最新記事