le petit prince

NO IMAGE


星の王子さま、ようやく読むことができた。フレグランスを持っていたのでなんとなく親しみがあったんだけど、読んだ事はなかった。
最後の飛行から戻る事の無かったサンテグジュペリの話などを耳にするたびに、なんとなく謎めいた感じもしてとっても興味があった。で、”王様のブランチ”か何かで見た箱根の「星の王子様ミュージアム」に行ってみたいな~~~って思い、そのまえに読んでおかないとね、ということで。

なんか、少し前に流行った「GoodLuck」を思い出したけど(あれがこれに似ているんだろうけど)、とってもジンワリきた。私のジンワリ・ワードは・・・。
****

ぼくの花ははかないんだ、と王子さまは考えた。世界から身を守るために、たった4本のトゲしか持ってない!それをぼくはひとりぼっちで置いてきた!

****

「小麦は金色だから、おれは小麦を見るときみを思い出すようになる。小麦畑を渡る風を聞くのが好きになる・・・・」

****

「でも、やっぱりきみは泣くんだ!」
「そのとおり」とキツネは言った。
「じゃあ、きみは損をしたんだ!」
「おれは小麦畑の色の分だけ得をしたよ」とキツネは言った。

****

「きみがバラのために費やした時間の分だけ、バラはきみにとって大事なんだ」
「ぼくがバラのために費やした時間の分だけ、バラは・・・」

****
あ゛~~、なんだか分からないけど、涙が出てきそうになる感じ。読まないと分からないですよね(汗)。宮崎駿の「シュナの旅」を読んだ時に少し似ているな。

柄に無く少女チックになってしまいました(笑)
読んだ事の無い方、是非読んでみてくださーーい☆

いろいろカテゴリの最新記事