世の中そんなに不潔?

NO IMAGE

近年気になってしかたない事がある。世の中が「除菌・清潔」に走りすぎてるよね。何でも除菌、周りの物は全て汚い、みたいな。お手洗いの便座クリーナーに「便座を清潔に!」とか書いてあるでしょ、あれって、昔はなかったと思うんだけど。本当に気になる場合も確かにあるかもしれないけど、さも未開な人を”啓蒙”するような書きっぷり。

先日どこかへ行った時に子供が手すりか何かをスルスル~っと触ってて、お母さんが「汚いって事がわからないのっ!?」って怒ってた。
汚くなったら洗えばいいし、多少のモンを触ったって死ぬ事ないよっっ(怒)。だから日本人はどこにいっても直ぐにお腹壊すし、どんどん弱い体の民族になっちゃうんだよ!!
そして”汚いからダメ”なんて言われたら子供の行動範囲も狭くなっていくだろうしね。それじゃあ、心身ともに軟弱に育っちゃう。

これは絶対、バレンタインデーで儲けるお菓子業界のようなものだと思う。今まで存在しなかった市場を”啓蒙”する事によって開拓して、クリーン産業を大きくしようとしてる。
TVのCMでもやたらに『これって不潔~』『雑菌だらけ』『ばい菌が~』とか言い続けてるし。こんなに言われ続けて育った子供は、世界が全て不潔で汚れた物に写るだろうね。そして部屋には除菌グッズが並び、ポケットには除菌ペーパーと手袋を忍ばせる・・・あ~、恐ろしい。
っていうか、今でもそういう人、結構多いしね。やだやだ。

汚れたら洗えばいいんですっ!
多少汚れながらでもいろいろな物を見て・聞いて・実際に触ってチャレンジして得られる事の方がどれだけ大きい事かと思うんだけどな~。不潔とかっていう理由で心の許容範囲が狭くなるのはどうかと思うけど。

いろいろカテゴリの最新記事